1. ホーム »

1月, 2011

きちんと自己管理してますか?

誰ですか?今シーズンは思ったほど雪少ないねって言ってたのは。

 

随分と多いじゃないですか・・・・・。(´д`;)

 

現場も、盛りに盛って平屋くらいの高さに!
皆さんも雪片付けに追われてるかと思います。

そこで良くある勘違いが、無落雪・スノーストッパーの屋根は、雪を下ろさなくてもいいと思っていること。敷地が狭く隣近所に迷惑をかけないための屋根形状ですね。
ある程度は重さがかかっても耐えれるように梁など計算されてますが、なんたってこの青森の湿った重い雪。下ろさなくたっていい!ことなんかないんです。

この頃は流行で落雪屋根でスノーストッパーの家がたくさん見られますが、竣工後自己管理できている方が果たしているだろうか・・・。このような屋根は、暖気したときが一番危険!軒先側に雪庇がつく家なんかは、大きな塊になって、その中で融けた水で、すが漏れがおきます。

こうならないためにも、日頃からこまめに屋根に上がって、雪下ろしすることをお勧めします。
どうしても屋根に上がれない方は、きちんと業者を頼んで雪下ろしをし、適切な住宅管理を心がけてください。

▲ ページトップへ

新築住宅現場で気密測定しました。

去年の暮れに、今進んでいる新築住宅の現場で、気密測定しました。

気密測定

機械を設置してから、何日も風が強くて測定ができなかったのですが、緩やかなときを狙って測定。

結果は、この住宅に対して48平方cm(約7cm×7cm)ほどです。C値は0.31!

青森の地域ではC値は2.0以下、高気密住宅だと1.0以下取れたらGOOD!とされてます。

内断熱、外部に合板を張らない工法でも、きちんとした施工で、ここまで数値が出るなんて!

やっぱり、小屋裏の気密施工がバッチリ効いているんだと思います。

PC190040

先日の構造見学会に、来て頂いたお客様にお見せしたところ、なかなか見ない光景に、
「びっくりした」
「ここまで施工している住宅を今まで見たことが無い」
など、お褒め頂きました。これに断熱材を一定の厚さまで吹き込みます。

完成見学会では見れない、細かな仕事にも注目してみてはいかがでしょうか?

▲ ページトップへ

明けましておめでとうございます。

皆様、明けましておめでとうございます。

朝の通勤では久しぶりの雪に、ノロノロ運転。キリッと寒かったですね。
今日は〔小寒〕とのことで、節分ぐらいですか?毎年寒い日が続きますね。

寒くなると、インフルエンザも気になります。皆様、お気をつけください。

今年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

▲ ページトップへ

SIDE MENU

カレンダー

2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

RSS feed