1. ホーム »

1月, 2014

アルミ製カーポートの雪下ろし、してますか?

前回、屋根の雪下ろしについてお話しましたが、最近では工事費が安いのもあり、アルミ製カーポートを取り付けするお客様が増えていますね。

最近は積雪に耐えれる商品も出ています。見栄えも良くて便利なのですが、この時期になると過信しているのか、雪下ろししていないカーポートの梁部分が、雪の重さで荷重がかかり、梁の中央部分が湾曲して下がっているのを良く見かけます。

家のカーポートは積雪1.5MまでOKだから・・・大丈夫!って思ってる方、甘いですよ・・・。

降雪→暖気・・・を繰り返しているうちに、屋根雪は氷や締まり雪になり、かなりな重さに!!!

しかも木材とは違って、一旦湾曲してしまった金属は、雪が消えても簡単には戻らないですよ!!!

3000タイプ(1.0Mタイプ)の場合   新雪 100cm 、 締まり雪 61cm 、 粗目雪 43cm

4500タイプ(1.5Mタイプ)の場合   新雪 150cm 、 締まり雪 91cm 、 粗目雪 65cm

6000タイプ(2.0Mタイプ)の場合   新雪 200cm 、 締まり雪 120cm 、 粗目雪 85cm

がメーカーの目安です。1.0Mタイプや1.5Mタイプで工事した方が多いと思いますが、これを見る限り青森は必ず何回か降ろさないといけませんね・・・。価格がリーズナブルな分、手をかけないといけないって事です。

長く使う為に、こまめに雪の状態を管理しましょう。

▲ ページトップへ

寒い日が続きます。凍結に注意しましょう。

寒い日が続きますね。最近は、水道管・蛇口の凍結、排雪・屋根の雪下ろし工事依頼が、多くなっています。

水道管の凍結は外気温が-4℃が境目といわれていますが、毎日使わない水道などは、きちんと水抜栓を閉めておいてくださいね。使う度に水抜栓を開いて使う習慣をつけましょう。

          ********************

今年は去年ほどでもありませんが、無落雪屋根の雪下ろしも計画したほうがいいと思います。

年数が経っている住宅は、現在の住宅よりも設計値が低いので、こまめに雪下ろしする事が大事です。

青森の雪は、水分を多く含んでいるので、屋根の上では想像以上に荷重がかかっています。

雪下ろし時に気をつけることは、

・ 絶対1人で行わない事。無理をしないこと。(怪我の元です)

・ 屋根上の樋ドレン口付近は、雪を残す事。(きれいにしすぎると寒気時に管に冷たい風が入り、凍結する恐れがあるため)

・ トタンに穴が開かないように、金属スコップを使用するときは気をつけること。

大住組では、屋根の雪下ろし、排雪、雪庇落としを受付してます。

雪の処理に困っている方は、ぜひ連絡下さい。現場状況確認 → お見積 → OKでしたら工事開始 となっています。出来高で金額がいくらかかるかなぁ~・・・などの心配はありませんのでご安心下さい。

これから2月までは、まだまだ寒い日が続きますので、風邪などに気をつけてくださいね。

▲ ページトップへ

今年も宜しくお願い致します。

皆様、あけましておめでとうございます。今年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

昨年は大雪で大変でしたが、今年の正月は、比較的穏やかで過ごしやすかったのではないでしょうか?

休みも連休が多かったので、尚更ゆっくり過ごせたのでは?

          ********************

今年は4月に消費税増税しますので、建築業界も冷え込むのでは?と思いましたが、「すまい給付金」や「住宅ローン減税拡充」など、お客様にとって負担が少なくなるようなので安心しているところです。

昨年は、セッピ対策工事も多く注文いただきました。毎年の事なので、ご近所とのトラブルになりかねません。悩んでいる方は、ぜひご相談下さい。

大住組は、新築工事だけではなく、リフォーム工事も力をいれています。一番厄介な水道トラブルも自社で工事できますので、設備交換などは、お待たせしないように心がけています。

もちろん!大工工事も、外構工事もなんでもお任せあれ!ですので、お気軽にご相談下さい。

今年もご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

▲ ページトップへ

SIDE MENU

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

RSS feed